Member


代表:瀬戸口 高史

 

1984年 神戸に生まれ、6歳の時に貞松浜田バレエ学園でバレエを始める。

 

1999年 当時のイングリッシュナショナルバレエスクール校長キャサリンウェイド氏に入学を許可され、 編入と言う形で、イングリッシュナショナルバレエスクール入学。2年間勉強の合間にイングリッシュナショナルバレエ団のカンパニー公演にもアンダースタディー(代役)などで参加。

 

2001 卒業後、17歳で香港バレエ団に入団。 クラシック作品「白鳥の湖」、「くるみ割り人形」、「ロミオとジュリエット」以外にも、 香港でしか味わう事の出来ない作品「ラストエンペラー」「ムーラン」などにも出演。 アメリカツアーにも参加するが、怪我のため香港へ帰国。

 

2002 怪我の治療も兼ねて、イタリアミラノスカラ座のバレエスクールに入学。 イタリアを代表し、世界で活躍する振付家の作品の指導を受ける。 在学中、ミラノスカラ座バレエとの契約を結びカンパニー公演に出演。 ローラン・プティ氏の作品「コウモリ」と出会う。

 

2004年 滞在許可の壁が立ちはだかり、イタリアトリノバレエ団に一時入団。 ソリストに昇格し、数々の世界的ダンサー達が出演するガラ公演に出演。

 

2008年 芸術監督であるマールクディボウ氏の誘いでスウェーデン王立バレエ団に入団。 カンパニーメンバーと共に、世界を代表する作品、一流の講師、振付家と共に多くの公演を経験。

 

2013年 日本に帰国。 バレエ教室(プリマステッラバレエ)の運営と共に、バレエ普及活動を始める。

 

2016年 8月に Kobe International Art を設立、現在に至る。



医師:足立 清香

 

鳥取県に生まれ、5歳からバレエをはじめる。

高校時代のケガをきっかけに医師を志し、鳥取大学医学部を卒業。

 

2014年に兵庫医科大学病院リハビリテーション科 外来医長を務め、

現在ははくほう会セントラル病院でダンス外来の診療を行う傍ら、

 NPO法人 vifleurの理事長として ダンサーの健康診断事業を行っている。



振付家/アーティスト:中田 一史

 

神戸に生まれ、11歳から貞松浜田バレエ学園にてバレエをはじめる。

 

1998年 ミラノ スカラ座バレエ学校に入学。

2000年 ミラノ スカラ座バレエ学校卒業。ノルウェー国立バレエ団入団。

2001年ミーシャ・ヴァン・ヌックバレエアンサンブルに入団。

2004年サンティアゴ市立歌劇場バレエ団に入団。

 

帰国後、2008年神戸にてGENESIS ART COMPANYを旗揚げ。

現在、バレエ、コンテンポラリーダンスなどジャンルを問わず出演。

 

またダンサーとしての活動と並行して振り付けの提供、後進の育成、舞台プロデュースなど多角的に活動を展開している。



スタッフ:伊藤 愛

 

大学卒業後、国内製薬会社に就職。営業職を経験後、製品のセールスプロモーションや広告、イベントの実施などの担当をする。体外診断用医薬品の製品担当を経て、現在は事務職。

就職後にバレエを再開し、勤務しながらMBAを取得中。